スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マスク2 

マスクといえば、前作のジム・キャリーの1作目がかなりのインパクトがあるので、2作目となる今回の映画は前評判があまりよろしくないのですが・・・。

最初にはっきりと言っちゃいますが、面白いです!いい出来ですよこの映画。これこそ、映画のエンターテイメントの王道を行ってます。映画だからできるCGの数々を駆使して、これでもか!これでもか!と観ている人を映像のマジックへと導いてくれてます。

お話は、売れないアニメーターのティムの飼っている犬オーティスが川で薄汚れた「マスク」を拾ってくるところから始まります。ティムの奥様トーニャとの間には子供がいません。ティムは愛犬オーティスと大の仲良し。会社の仮装パーティーの日にひょんな事でこのマスクをつけてしまったティムは大変身。そしてマスクに秘められたパワーでとんでもない事に・・・。

ストーリーはどうってことないですよ。ただ、このCG満載の映像は観る価値十分!ここまで実写に違和感なしにCGが融合されていると、さすがにびっくりします。決してリアルという訳ではありません。その辺は想像力で観てください。
パーティーの後、家に戻ったティムはマスクをつけたままトーニャとベットインするんですが、この時今回の映画の目玉である赤ちゃんを身ごもります。マスクのパワーを持った遺伝子のあるおたまじゃくしの映像が面白いです。マスクならではです。こういう細かいところが凝っていると良いです。もちろん生まれた赤ちゃんにはマスクをつけなくても生まれながらにマスクのパワーを持っています。
national.gif

この赤ちゃん、アルヴィーと名付けられたんですが、もうすごいです。「たたかう空気清浄機」のCMばりのアクションです。いえ、それ以上にすんごい!びっくりするやらなんだかんだで笑いが止まらないくらいですよ。のちにアルヴィーばかりかわいがっているティムに嫉妬してマスクをかぶったオーティス(犬)との戦いがハンパじゃないんですがこれは劇場なりで観ていただきたい。

マスクを探しているいたずらの神様ことロキですが、この人たぶんXメン2に出ている同じように緑色のミュータント役の人だと思います。あの瞬間移動しちゃう・・。
後半、マスクパワーを持ったティムVSロキの壮絶?な戦いがあるのですが、これは観てください!劇場の大画面で。もうここまで、CG、CG、CGこれでもか~!になるとこれが普通?みたいな感じになってしまいますが、それでも大満足です。

まあ、どうでもいいですが、日本語吹き替え版はココリコの田中さんと遠藤さん、そしてベッキーがトーニャをやっています。お手軽に楽しみたいという人は吹き替え版をお進めします。字幕ですとギャグがわかりずらいところがありますので。

一番のお気に入りは、仮装パーティーでのシーンで「君の瞳に恋してる」で踊るところです。この曲好きなんです。まあ、最終的にはハッピーエンドの家族愛的な描き方で終わっていますので、ご家族で観る事をおすすめします。

マスク2は前作のマスクと比べられてかわいそうですが、良い映画です。

この映画のハッピー度6 ★★★★★★☆☆☆☆

mask2x.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/04/23 20:09 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コンスタンティン 

キアヌ・リーブスが主演。マトリックスのような感じを受けますが結構マニアックな内容ですよ、この映画は。

天国からは天使が、地獄からは悪魔が人間界に潜んでいるという設定。キアヌ演じるところのジョンはそれらが見える能力が子供の頃からあって、ある時自殺をして2分間だけ地獄を見たら、その恐ろしさに天国にいきたいと思う。だが、自殺をした人間は地獄にいかなければならないという、何とも理不尽なルールがキリスト教?にはあるらしく、ジョンは天国にいくために、悪魔払いとなって人間界に潜んでいる悪魔たちを地獄に返す事で神に天国行きをお願いする というようなお話です。

この主人公ですが、すごい不健康です。ヘビースモーカーがたたり、余命1年を宣告されてます。もうとにかく、セリフよりもタバコを吸うシーンのほうが多いくらい。ただ、悪魔退治はかっこいい! さすがキアヌ・リーブス。もう、マトリックスばりのかっこよさで悪魔を退治してくれます。

設定上、人間界に潜んでいる悪魔と天使を「ハーフブリード」というらしいんですが、なんかかっこいいんですよね。内容的に宗教的な知識がないとわかりずらい部分がたくさんあって、どうして「運命の槍」が重要なアイテムなのか?とか、ルシファーという天使は悪いやつなの?良いやつなの?とか、説明がないからよくわかりません。(とくに一般的な日本人には)
ただ、地獄は怖いところで天国は安らぐところというところは変わらず、同じ価値観があるので、全体を通して観ると何となくわかりますね。

見所は随所にあります。戦いの時に使うアイテムは中々、おもしろいです。特に虫?とドラゴンの息は私も欲しいかな?地獄の映像表現がちょっとマトリックスレボルーションみたいですがそれなりに納得。

マトリックスのようなスタイリッシュなかっこ良さと ちょっと違うんですが、不健康な悪ガキのかっこ良さみたいなのがあってかなり羨望の眼差し。(演技は同じですが・・・)ただ、肺がんにはなりたくないですが・・・。

最終的には、悪魔の親分に肺に手を突っ込まれてニコチンタールみたいながんを抜き取られてがんもなくなり、健康な体になるんですが、どうしてそうなるのかは、映画を見ていただきたい。ラストでまたタバコを吸うのかな?と思ったらガムを口に入れてたので、禁煙をPRしている映画のようで楽しかったです。

これこそ、映画だ~!みたいな映画です。劇場の大スクリーンで観る事をおすすめ!あの音響とSFXガンガンの映像はお金を払って観る価値十分です。

最後に一言いっておきますが、エンドロールになっても席を立たずに最後まで見てください。今後のお話に通じる重要なシーンがエンドロールが全部流れた後にちょっとだけありますので・・・。

この映画のハッピー度8 ★ ★ ★ ★ ★ ★★★☆☆(満点★10コ)
ccc.jpg
[ 2005/04/16 20:48 ] 映画 | TB(20) | CM(1)

コーラス 

フランス映画ってちょっと苦手なんですが、あの「アメリ」を超えた!という、キャッチフレーズだったので一応、観てみました。

いや~、やられましたあ・・・。これはいいですよ!
泣けます。何に泣けるかと言うと、やっぱり歌。主人公のモランジェの歌声ですかね。どうしてあんな声がだせるんだろう?
もう、心に響きますねえ。意味わかんないんですよ、フランス語だから。(字幕はありますが、難解・・・。)でも、あのメロディと歌声には参りました!

ストーリーはたいした事ありません。よくあるお話です。イメージ的には「今を生きる。」と「ニューシネマパラダイス」を合わせた感じ。どうって事ないです。

フランス映画って独特なテンポと空気があるじゃないですか?なんかアンニュイな感じの。あれがちょっと苦手であんまり好きではないのですが、「アメリ」や「ロングエンゲージメント」なんかテンポのあるものが最近多いので(昔からあるのかもしれませんが・・)ちょっと、気にはしてるんです。

寄宿舎の子供たちなんですが、一人だけオンチな子供がいて、その子は楽譜を持っているだけなんですが、今の時代だといじめとかいって、問題になりますね。(でも、本人は楽しそうなんですが・・・)

ラストの附箋もあれはあれで良い感じです。私は好きです。

ストーリーは平凡ですが、あの歌を聞く価値は十分あります。

この映画のハッピー度 ★ ★ ★ ★ ★ ★☆☆☆☆(満点★10コ)
20050221001fl00001viewrsz15.jpg

[ 2005/04/11 17:30 ] 映画 | TB(4) | CM(2)

鉄人28号 

今日は2本続けてみました。前の映画はエンドロールまで全部観ていると
こっちに間に合わないので、エンドロールの途中で席を立ってしまいました・・・。
こんなこと、映画館では滅多にしません。最後のエンドロールが終わるまで
席を立たないのがエチケットです。(すみません)

で、この映画は前評判もよろしくなく、上映期間も短く、あまり話題にもなってなく
ないないづくしの感がありましたが、そんな事はなかったですよ!十分楽しみました!
ストーリーは説明するでもなく、みなさんが知ってる内容です。(原作通りかは不明)

この映画はやっぱり今の映画技術があってのものだと思います。
デジタル処理で作られた鉄人とブラックオックスが実に良いですよ!
リアル?というわけではないのですが東京の街並にに登場するとなんとも
絵になっているんですこれが・・。
特に私が好きなシーンはブラックオックスが東京タワーを背景にどこかの
お寺に空から飛び降りてくるんですが、これがもう美しいという表現が合っている
と思うんですよ!あれはアートですね。絵になってます。
あの未来的な表面のツルツルしたロボットと昔ながらの建物とのミスマッチが本当に
キレイなんです。ブラックオックスの体や顔に周りの風景が映っていて本当にキレイです。

ブラックオックスが東京の道路を巨大ダンプカーのごとく、低空で飛行しながら車や
ビルをなぎ倒していくシーンなんてのも圧巻です!これだけでも観る価値十分!

戦闘シーンのあの独特なギコちない動きをしながらパンチをくりだすシーンも納得!
全体的なストーリーや展開のあまさは、ありますがこれがすべてを帳消しにしてくれました!

正太郎君はたぶんラストサムライに出ていた少年だと思いますが、子役的には上手いと
思いました。なかなかあの演技はできませんよね。蒼井優が天才少女博士?役ででていましたが
あまり良いところはなかったと思います。(もうちょっと良いスパイスになって欲しかった)

ちびっこがけっこういたのですが(まあ全体的にはガラガラモード)やっぱり面白いところは
騒がずシーンと観ていました。エンドロールに流れる歌がなつかしく、良かったなあ。

ちょい役で何人かおもしろい人が出ていますのでお見逃しなく!

この映画のハッピー度 ★ ★ ★ ★ ★ ★☆☆☆☆(満点★10コ)t28.jpg

[ 2005/04/10 20:35 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ナショナル・トレジャー 

この映画、配給がDisneyさんみたいです。Disneyさん配給映画結構、裏切られて
きていますが、今回はギリギリというところでした。

子供の頃に発見した暗号文みたいな紙切れをきっかけに、冒険家になり
子供の頃から謎だったその紙切れの暗号を解きながら数々の難関を突破して
最終的にはお宝を発見できるか?・・・。といういったってシンプルなお話。

とにかくニコラス・ケイジが良いです! いや~何なんでしょう?この人の独特な感じ。
オーラというかこの人が出ていると何か映画全体に緊張感と安らぎを与えるんですよ。
多分、名優なんでしょう。上手いです。演技も。

ニコラス・ケイジの出ている映画の中で私が好きなのが「天使のくれた時間」なんですが
数々出演作の中でも一番好きなんです。ベストオブニコラスといってもいいくらい。

ところで、この作品ですがノンストップアクション&ドッキリ&推理映画とも言う感じで
次から次へと目が回るくらいいそがしい展開なのでみている人を飽きさせません。(疲れるくらい)
2時間ちょっとある上映時間ですがそんなに長くは感じませんでしたから。

FBIのえらいお方役でハーヴェイ・カイテルがでていますが、これがシブイ!いいスパイスに
なっています。ピアノ・レッスンの印象が私には強いんですが、今回もおちついたいい演技を
しています。
結局、最後のお宝はあのくらいでないと面白くないので(映画として)良かったと思います。

ラストのシーンはほんとに羨ましい限りです。相棒の人が文句言ってたけど贅沢ですよ!

ただ、私的にはこういう冒険ものというのは好きなジャンルではないのですが、
ニコラス・ケイジが出ているので救われた~
という感じがします。

この映画のハッピー度 ★★★★☆☆☆☆☆☆(満点は★10コです。)nt.jpg
[ 2005/04/10 20:33 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

エターナル・サンシャイン 

今日からブログなるものを始めてみる事にしました。
これから映画を観る方の参考になればと思います。

さて、この映画イメージからするとラブストーリーのような感じがしますが
それを期待して行くとちょっとハズレちゃうかもしれませぬ・・・。
内容的には確かにラブストーリー・・・。ただ、中身はかなりぶっ飛んでおりますです。

ジムキャリー演じるところのジョエルとケイト・ウィンスレット演じるところのクレメンタイン。
ある事で(何が原因か不明?)けんか別れした彼女が、彼の記憶を消した事が判明。
自分も同じように彼女の記憶を消してしまおうとするのだが、記憶が消えていくたびに
彼女の思いがよみがえり、記憶をが消えるのを阻止しようとするのだが・・・。

なんといっても記憶を消せる事ができるという事がぶっ飛んでます!この映画の
核となっているところですから仕方ありませんが、そんな事ができたら、俺なんか
消したい記憶がたくさんありますです。(もう本当に・・)記憶を消す作業自体は
なんかしょぼいんですが、記憶が消えていくシーンが実に凝っていて面白いです。

ジムキャリーがこんなシリアスっぽい映画はあまり似合わないと思うので、彼の存在感が
ちょっとなかった気がします。(残念!) ケイト・ウィンスレットはこの前観たネバーランドの
時も感じましたがタイタニックの印象が強すぎてどうもいけてませぬ。(ちょっとふくよかですし・・・)

ただ、まわりの脇役がけっこう良いです!
なんとあの「ロードオブザリング」のイライジャ・ウッドくんが出てますよ。ちょこっとかっこ悪い役
なんですがいい味出ていてグッド!
それからみなさんご存知のスパイダーマンのヒロインメアリー役のキルスティン・ダンストちゃんが
出てますが、これが良い!セクシーです!プロポーション抜群です。ファンの方は結構楽しめます。
(彼女の下着姿を観るだけでも価値あります!)彼女はこの映画のキーガールになってるので
存在感もりますですし、ストーリーを深く印象づける大きな役割をしていますです。

全体的には記憶が消えて行くシーンが何ともせつない感をかもしだしていていいんですよこれが。
記憶の中で記憶の中の自分を操作(自分で)できるのがけなげで、けなげで・・・。
子供の頃の記憶に逃げ込むシーンでクレメンタインがパンティーを見せるシーンがあるんですが
私の中ではかなりいけてるシーンでとても好きです!

まあ、全体的に感じる切ない感とキルスティンちゃんのセクシーさを観れたで良かったです。

今回の採点:60点
[ 2005/04/10 20:21 ] 映画 | TB(4) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。