スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 

ダース・ベイダー誕生の秘密が明かされるシリーズ完結編。映画史に残る大作品の完結です。

いやあ、すごいです。ここまですごいとは! 衝撃と感動とせつなさと・・・。もう、いろんな感情が津波のように押し寄せてきました。久しぶりに映画館で涙を流した作品になりました。涙、涙、涙の物語です。アナキンもうおまえ悲しすぎるよ・・・・。

作品全体に感じる何とも言えないせつなさ。これは何だろう?悲しいよ。ほんと。悲しすぎる。あんなかたちでダース・ベイダーの姿になったなんて・・・。てっきり自ら望んであの仮面をかぶっていたと思っていたのですが違っていました。ラストのオビ=ワンとの壮絶な死闘の結果だったなんて・・・。

ダース・ベイダーはあの仮面をかぶる事でフォースを増幅していると思っていました。いわゆるフォース増幅装置なのかと。いやあ、あれは仕方なくだったなんて。あの姿はもうゾンビですね。両足まで切断されては・・・。

オビ=ワンの感情も苦しさ、切なさ、どうしようもない悔しさも入り交じって、複雑でしょうね。彼はエピソード1から2、そしてエピソード4の時もそうなんですがあまり強くないなあと思っていたんですが、あれはアナキンに対する時のポーズだったのではないかと思います。弟みたいに思っていたのに!と言っていた事から推測するとね。オビ=ワンはこんなに強かったんだと思いました。結局アナキンを倒しましたからね。

アナキンはどうしてあそこまで、悪の使者のようになってしまえたんだろうか?結果を予測しえないのは、まだ未熟だったから?結局すべてが最悪の方向に進んでしまったのに・・・。

とにかくスターウォーズはアナキンの映画なんだなあと思います。エピソード3ですべてが繋がりましたよ。ただ、20数年前のエピソード4と比べるとやっぱり映画技術の進歩を感じますねえ。やっぱり壮大な空間の見せ方が全然違いますからね。

できればヨーダにスポットをあてた話を見たいですね。彼の若い頃の話を是非とも作って欲しいなあ。今回もすごいですよ。戦闘モードのヨーダは。強いってなもんでじゃありません。

あのオープニングの音楽は鳥肌立ちますね。スターウォーズは音楽が素晴らしいです。お話を十二分に盛り上げてくれています。もう、終わりなんてさみしいです。


今回の映画のハッピー度10 ★★★★★★★★★★

(c)Lucasfilm Ltd. &TM.All Rights Reserved.
321602view001.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/07/10 20:51 ] 映画 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://happyboy.blog7.fc2.com/tb.php/18-37f962e5


スターウォーズ エピソード? シスの復讐

オフィシャルサイト → スターウォーズ エピソード? シスの復讐クローン戦争の3年後、ジェダイの騎士団はいまだクローン兵を率いて銀河を奔走していた。分離主義者との戦闘が続いていたのである。そして邪悪なシスが1000年にもわたって企ててきた銀河系征服の陰謀が明らかに
[2005/07/11 00:37] URL 日々映画三昧

★「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」

先々行上映のレイトショウ(01:00)で観てきました。夜中だっていうのに、ほぼ満員。さすがチネチッタ川崎。先々行上映の動員記録作ったらしいね。さすがベイダー。2005年製作のSFアドベンチャー。あらすじ成長し、師匠のオビ=ワン・ケノービにも勝るとも劣らぬ
[2005/07/11 03:44] URL ひらりん的映画ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。