スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タッチ 

あだち充原作の超有名ラブコメ&スポ魂漫画の実写映画化。多少ですが期待していたのですが・・・・。うーン、ダメだこりゃ・・・?

なんと言っても原作の良いところがすべて台無し・・・。続いて、主人公の達也と和也がもうありえないほどだめだめ・・・。(デビルマンで実証済みんまのに)どうしてこの双子を起用したのか?もう、何から何までだめだめですね・・・。これはもう脚色の失敗、編集の失敗につきるんじゃないでしょうか?

和也が事故で死ぬまでが長過ぎます。双子を使うからなんでしょうか?ここまで引っ張るとやっぱり中だるみしちゃいますよ。(下手だし・・・)あの二人のファンならばうれしいでしょうが、原作のファン、ならびに今回初めてタッチという作品を映画で知った方は『タッチ』の原作さえも良い印象を持たなくなってしまう出来です。(この映画)

ドキドキやハラハラ、笑いや感動、せつなさやいとしさ・・などがいっぱい詰まっている作品なのに・・・。残念です・・・。

監督は黄泉がえりなどせつない映画を撮らせたらピカいちと思っている犬童一心監督。多分、監督の意図していたのとは別物になっているんじゃないかと思います。ひとつひとつのシーンはよく出来ているんですけど、全体の作品としてみると、散漫になってしまっているのは、とても残念に思います。もうちょっと、時間をかけて脚色を見直してもらえば、同じ俳優でも
もっと違った作品になったのではないかと思いますが・・・・?

ただ、唯一よかったのが南ちゃん役の長澤まさみでしょう!彼女は良いです。ピュアですよ。南ちゃん役がはまってます。こんなにさわやかでキュートな人ってそうはいませんよ。昔、ニュースのワンコーナーでやっていた「南ちゃんをさがせ!」を思い出すのは、私だけでしょうか?彼女の存在がなかったら多分★ひとつでしたね・・・・・。

今回の映画のハッピー度2 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

(C)2005「タッチ」製作委員会
wp03_3.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/09/19 20:48 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://happyboy.blog7.fc2.com/tb.php/26-40c48a34





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。