スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 

 この映画が制作されると聞いてから公開をとても楽しみにしていました。かなり期待をしていたのですが・・・。確かに良かったです、良かったけど、やっぱり今ひとつ「おどろき」みたいなものがすくなかったかなあ・・・という感想。はっきり言って、テレビ版の内容とほとんどいっしょなのでストーリーの展開のワクワク感はなかったかなあ・・。次どうなるんだろう?という感じ。結果を知っているからなのかと思いましたがそれがすべての要因ではないとわかりました。やっぱりアニメーションの「絵」自体の新鮮さかな?随所に大幅に書き下ろしをされているので新しい「絵」があって確かに目新しいのですが、これテレビと同じ絵をつかってるな!という部分が多く、そこが新鮮さに欠けたのかなあと思います。
ただ、映画用に倉庫に眠っていたセル画を探して来て映画サイズにするためにわざわざセルを撮り直したということなので、劇場で画面が大きくなっても絵のきれいさは損なわれずにとてもきれい感がありました。その辺りはZガンダムとは大違い。あれは書き下ろした新しい絵と昔の汚い映像を無理やり映画サイズにしたので見るに耐えない構成だったので・・・。

でもエヴァをはじめて見る若い世代の人たちには新鮮に映ったのかなあと思います。ストーリーの展開が早すぎて訳が分からなかったという人も多いとおもいますがね。あれはテレビの30分という1話の中で例えば「見知らぬ天井」というタイトルがあってあのシーンがいきてくるので、そういったものがなく、ただどんどんストーリーが駆け足で流れて行ってしまって「間」みたいなのがない分、難解になってしまっているので・・・。ただでさえ、宗教じみた内容なので考えさせて行きながらストーリーを読んでいかないとわかりづらいよね・・・。
今回のメインはあの「ヤシマ作戦」。このシーンは大幅に新しい絵を使ってというかほとんどすべて書き下ろしの絵なので見応え十分でした。使徒があんなにも変形するなんて、昔の技術では相当お金がかかってしまうであろう最新技術満載なので見応え十分です。まあ、全4部構成の映画なのでこの先の展開がとても楽しみです。アスカもまだ登場してないですし。でもカオルくんは最後に出て来ちゃってるし・・・。シリーズの最後はどうなってしまうんでしょうか?

今回の映画のハッピー度7 ★★★★★★★☆☆☆

(C) カラー・GAINAX

01l-1.jpg

スポンサーサイト
[ 2007/09/28 11:44 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://happyboy.blog7.fc2.com/tb.php/35-4fafa6ed





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。