スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 

レモニー・スニケットという人の原作の児童書が有名らしいのだが、本をあまり読まない私は知りませんでしたよ。映画のタイトルに原作者の名前をつけるくらいなんだから、相当に有名なんだろうけど・・・。でも、そうでもしないと魅力がない映画だと困るんですが当たらずもそんな匂いが少ししていたので、残念ですがやはり・・という感じの映画でありました。

物語はあるちょっとしたお金持ちの家の3人兄弟のお話。突然の火事で両親を失い、大人になるまでの間、後見人にあたる遠い親戚に預けられる。ただ、この後見人が遺産目当てで子供たちをいろんな手段でいじめたり、使用人扱いにしたり、あげくのはてには車に閉じこめて線路上に止めて殺そうとする超極悪人。3人の子供たちはこの極悪人から逃げ出す事ができるのか?・・・というお話です。

はっきりいって、この映画つまらないです。映画の醍醐味があまりないんですよ。山がないわけではないんですよ。いろんな困難が次から次へと降り掛かってくるのを知恵と勇気?で切り抜けていくわけなんですが・・・。感情移入ができないんですね?なぜか・・・。

キャラクターの魅力がないわけでもないんですよ。あのジム・キャリーが悪後見人の役ででているので、独特の意地悪さは絶品だと思いますし、子供たちもそれぞれ特異なキャラの持ち主でお姉さんは発明家。弟は読書家で一度読んだ本は全部覚えていて知識は豊富。一番下の妹はまだ赤ちゃんなんですがなんでも噛んでしまうけど、とても強いんです。そんな魅力的なキャラクターがたくさん出ているんですが映画全体を観るとつまんないんですよ。まったく・・・。(もったいないなあ)

多分原因はストーリーの組み立て方が映画用になっていないんだと思います。原作は面白いんだと思います。(たぶん・・・)なんと言うか盛り上がっていかないんですよ。気持ちがずっといっしょで次に何がくるのかワクワクドキドキする感じが全然ないんですよ。やっぱり脚本のせいなのかなあ?映画なんでそのあたりを映画用にビジュアルにしたらこうなるみたいな予想をしっかりと立ててから組み立てていかないとこんな感じになってしまうんだろうなあ。

ただ、お姉さん役のエミリー・ブラウニングは今後期待できると思います。決して美人ではないんですがかわいいです。キリステンダンストばりのかわいさになってくれるんじゃないかと期待してます。あと、結構有名どころの人がちょい役で結構出演しています。メリル・ストリーブやダスティンホフマンなどこんな豪華スターを惜しみなく使ってるんですから内容がもっと良かったらとつくづく思います。(本当もたいない・・・〕

唯一救いなのがエンディングの後のエンドロールと一緒に流れるアニメーション。これは良い!レベルの高い切り絵風のアニメがずっと流れていて、これがもうひとつの作品といっても良いくらいの出来の良さです。ショートフィルムとして成り立っています。映画のあらすじを簡単に表現してるんですがこれが最後に観られて良かったです。かなり救われました・・・。

この映画のハッピー度2★★☆☆☆☆☆☆☆☆
remoni.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/05/03 20:23 ] 映画 | TB(8) | CM(8)

あらら~

はじめまして。
あまりお楽しみになれなかったようで、残念でしたねえ。
私は「試写会に当たったから、まあ行ってみるか」程度のゆる~い気持ちで観たせいか、「うわ、意外に面白いじゃん」って思いました。

エンドロールは、ホントこだわりの作品でしたね!
すっごく得した気分になっちゃいました♪

TBありがとうございました~。これからもヨロシクです♪
[ 2005/05/03 22:19 ] [ 編集 ]

すみません・・・

>ナギさん
コメントありがとうございます。
悪くはないんですよ。決して・・・。
ただ、期待しすぎたんだと思います。
でもエンドロールのアニメは絶品ですね!
こちらこそ、よろしくお願いします。
[ 2005/05/04 17:55 ] [ 編集 ]

はじめまして。TBありがとうございます。

私もおもしろくなかったと思ったんですけど、ストーリーの組み立て方ですか。確かにそうかもしれないですね。
原作の方は、伯爵のところに行く、蛇の家に行く…って感じで一冊ずつになってるみたいです。原作のほうが楽しめそうかな、と思います。
[ 2005/05/04 20:06 ] [ 編集 ]

一冊の本になってるんですね。

> yasha さん
そうだったんですね。
あのエピソードひとつひとつが本なんだ。
じゃあ、映画はかなり端折ってますね。
ちょっと、読んでみようかな?
[ 2005/05/04 20:24 ] [ 編集 ]

カサマですが!そー何ですヨ浅見さん。あんましブログごぶたさなんです。ちなみにこのブログは、MOVABLE TYPEってやつですな。バリバリカスタマイズしまくって、面白くしてくださいな。レンタルサーバーでも最近は遊べるしね。映画は「マグノリア」以来見ていませんねえ。
[ 2005/05/06 00:20 ] [ 編集 ]

そうそう、網かけバックにグレーのテキストは見づらいッス。
[ 2005/05/06 00:22 ] [ 編集 ]

kkk.devilさん、ようこそ!

いや~、どうですかね?感想は?
フレームはテンプレートなんで、とりあえず
デフォルトのままです。
そのうちに見やすいフレームにしていきます。
あと、ここではハンドルネームを書いて下さい。
ネットのマナーですので。お願いします。
[ 2005/05/06 10:05 ] [ 編集 ]

装いも新たにBlogってみましたんで、見てやって。英訳ってめんどくさい。しかしあきらめませんな。
[ 2005/05/07 04:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://happyboy.blog7.fc2.com/tb.php/8-52639a77


「 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 」

監督 : ブラッド・シルバーリング主演 : ジム・キャリー / エミリー・ブラウニング /      / リアム・エイケン / カラ&シェルビー・ホフマン / 公式HPhttp://fushiawase.jp/ 発明好きのヴァイオレット、読書家のクラウス、噛むことが大好きなサニー...
[2005/05/03 21:35] URL MoonDreamWorks

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(試写会)

 ・ ヴァイオレットの衣装 ・ オラフ伯爵、七変化 ・ ヘビがいっぱい ・ ジュ、ジュード・ロウ? ・ エンドロール最高悲壮感はなかったですね。家族で観るといいかも。世の中は思い通りにはいかないし、人生は「めでたしめでたし」で終わったりしない。原作読みた
[2005/05/03 21:37] URL 世界は映画でまわってる。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

●メインキャストジム・キャリーエミリー・ブラウニングリアム・エイケンキャサリン・オハラジュード・ロウ●メインスタッフ監督:ブラッド・シルバーリング製作:ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス、ジム・ヴァン・ウィック原作:レモニー・スニケットhttp:/
[2005/05/03 21:55] URL 感想.blog

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

 全く予習をせずに観ようと決めていたのだが、つい気になってキャストだけ確認すると、メリル・ストリープやジュード・ロウの名前が!『アビエイター』でも見逃しそうになったジュード。目を凝らして見つけるぞ! 『ハリーポッター』に対抗するための映画なのでしょうか、
[2005/05/03 23:12] URL ネタバレ映画館

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

うーん。予告編は面白そうだったんですが、正直な所期待はずれでした。物語の設定は面白くなりそうなものなのにねえ。演出のせいなのか脚本のせいなのか、期待していたような娯楽映画では無かったので少しガッカリ。でもそこそこには楽しめます。物語が「不幸...
[2005/05/04 10:23] URL It's a Wonderful Life

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

★本日の金言豆★ゴーグ:南部タイの人々が神の使者として畏れ敬う双頭の大蛇。タイのカウング島にて日本人川口浩氏により1982年水曜日に発見される。 世界の少年少女を捉えて離さない超ヒットシリーズ児童書「ハリー・ポッター」。全7巻で完結するとされる原作はいよいよ
[2005/05/04 22:31] URL 金言豆のブログ

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

見事な映像美で描く,めくるめくファンタジー。生きてゆく強さにも満ち,予想外に楽しめました!
[2005/05/12 12:18] URL Akira's VOICE

レモニーー・スニケットの世にも不幸せな物語

角川エンタテインメント レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション (2004)     出演 ジム・キャリー (オラフ伯爵)     リーアム・エイケン (クラウス・ボードレール)    エミリー・ブラウニング (ヴァイオレ
[2005/12/27 19:14] URL ベルの映画レビューの部屋



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。